教育ツーリズムプログラム「learnication」第一弾トライアル開催!

「ワーケーション」プログラムの一環として、当社の提唱する「School-Labプログラム(learnication) 」を開催します!

「learnication(ラーニケーション)」とは…

learning(教育・体験) × vacation(休暇)

ワーケーションで地方に移動する親子や、地域の子供たちにとってlearning(教育・体験)という他地域での学びや体験をしつつvacation という「仕事や学校が休みの期間」や「旅行に出かけたりして休養で家から離れて過ごす時間」を通じた多様性との触れ合いと自身の気づき力を広げるプログラムを実践します。

今回は、長崎市の出島を中心として長崎の歴史に触れたり長崎の街巡りを中心として色々な気づきを感じつつ触れる地域ならではの自分なりの生活スタイルを発見していきます♪

リリースのご案内

【日時】 

2021年10月22日(金)

【スケジュール】

9:00   滞在拠点(HafH)出発

9:30  さかのうえん(長崎の地形や斜面活用の取り組みを知ろう!)

10:00 中新町の当社コミュニティスペース「ヨロズヤ」(休憩がてら街との向き合い方や魅力発信、街の歴史をディスカッション形式で場づくり、繋がりづくりをする)

12:00 出島ワーフでランチしながら景観や歴史をインプット

13:00 出島見学(思い思いにインプットした上での切り出しをするワークショップ)

16:00 街歩きをしながらHafHへ(当日の状況で帰路に孔子廟等経由の可能性もあり)

【今回の目的】

1634年の政府政策の一環として鎖国中の日本で貿易拠点となり、様々な多様性の窓口となった「出島」の歴史を学ぶと共に今も残る環境を体験しつつ、多様な文化の拠点となっている長崎の魅力に迫る。

【参加料金】

(通常)¥8,000 /人→ (年内キャンペーン価格)¥5,000/人 *2021年末まで(昼食代別)

【最低催行人数及び対象年齢】

最低催行人数 : 3名〜

対象年齢  : 小学校高学年〜大学生まで

*大人も同時参加可能(ご兄妹の参加の場合、未就学児等は事前調整にて別途でカリキュラムを設定)

出島 - 歴史まとめ.net

【なぜ出島なのか】

寛永13年(1636)に築造された出島は、安政6年(1859)、オランダ商館が閉鎖される218年間に渡り、
わが国で唯一西欧に開かれた窓として日本の近代化に大きな役割を果たしてきましたことに基づき、「多様性の気づき」と出会える文化交流拠点として体験を通じて学ぶ機会、「繋がる」地域としてのシンボルともして知られている。

→ 「learnicationプログラム」についてはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。